インターン生、ギフト・ショーへ行く。

 

みなさんこんにちは。

9月に入り、涼しくなって来ましたね。そんな中、いつも汗だくで出社する麻生です。

汗臭さは拭いておいて(置いておいて)、

先日、社長から

『最近、商品開発に手こずってるみたいだから、ギフト・ショーに行っていろんなものを見てくれば?』

と進めて頂き、ギフト・ショーに行ってきました。

実は前にギフト・ショーの封筒を見たことがあり、行ってみたいなぁと思っていたのでワクワクでした。

とは言え、私たちはインターン生。できることは限られていますし、その様なイベントに参加したこともありません。

ワナワナしながらも、東京ビックサイトに行きました。

受付をおどおどしながら済まし、いざ会場へ!

会場はたくさんの企業のブースがあり、有名な商品から初めて見る商品、とにかく盛りだくさんでテンションがぶち上がりました。(この時までは…)

 

社員の方から、出展企業さんとどの様に話すのかなど、お手本を見せてもらい、自分たちだけで動くことに。

最初は『わぁ〜〜い、あそこのブースらへん見てみよ〜!』と興奮気味の私たちでしたが、会場の広さから段々と、作業ゲーをしているかの様な眼差しで淡々と見ていく私たち。

そんな中、私たちが現在考案中の新商品のヒントとなるようなモノに出会ったり、ライバルになりそうなものに出会ったり、と一つの場所で経験できることが多いので、コスパよかったです。(感想の言い方がボキャ貧)

多くはないですが出展されてる企業さんとお話しすることもでき、なんとなくこの現場の状況が掴めたと感じます。

 

また、出展企業ブースだけでなく、イベントやコンテストなども開催しておりインスピレーションを受けました。

コンテストに関しては、『その発想はエグいて(褒めてる)』というモノが多く、私たちの目指す路線でしたので大変参考になりました。

時間が経つに連れてベンチに腰掛ける回数が増える、女子大生の我々…。

歩くだけでも疲れてました(笑)。

 

会場を後にして反省会。

素材やモノの専門分野がない私たちが、どのようにして市場にモノを売り出すかは、多ジャンルとの組み合わせや、ユーザーにとっての目の付け所などが肝心になります。

ユーザー視点とネタとなるものをたくさん知らなければならないと痛感しました。

これから、日常生活では大学生として死んだ目つきをしつつ、たくさんの商品やユーザーに目を向けて新しい商品を生み出せる様に努力していこうと思います。

今回の経験を生かしていきますので、次の新商品!お楽しみにしていてください!

(良い感じにしまった…?)

 

PS.

ギフト・ショーという看板の前でセルフィー始める女子大生を止めました。フェスじゃない。(笑)

 

新聞掲載「息子への野菜」

こんにちは走行距離は稼げても単位は稼げない、skettchの麻生です。

「息子への野菜」を売り始めてはや1ヶ月です…。

もう1ヶ月か、というのはなんだか素っ気ない気がするので、付き合いたてのカップルかのように1ヶ月記念日とでも言いましょうか。

そしてこの1ヶ月記念日に嬉しいニュースが!

色々苦戦しながらも、たくさんの方に応援してもらい、

今回!なんと!

専修大学の大学新聞である「ニュース専修」7月号に掲載していただきました!(^^)

ニュース専修ウェブ版2019年7月号(584号)_7面

Skettch麻生が専修大学の生徒ですので、今回代表として「息子への野菜」の魅力をたくさん語ってきました!

商品はもちろん、インターンシップに関することも記してくださったので、ぜひ!チェックしてみてください!

そしてこちらの記事は先週から学内、専修大学生の各家庭に配布されました!

学内のお友達からは、掲載されたの見たよ!や載ってるじゃん(笑)と、やんややんや言われております。嬉しいです。

ちらりとおまけ。取材の様子です。

skettch麻生、取材してくれる記者さんに営業マン並みに商品の説明をしています。笑

暖かい方達に恵まれて幸いです。たくさんの人たちを喜ばせることができる商品をドンドン作っていきますので引き続きよろしくお願いします(^^)

 

「息子への野菜」商品URL

https://www.amazon.co.jp/dp/B07R67CCB9

Skettchのインターン日和、じわじわと面白いので

チェックして見てくださいね!

最近の女子大生の流行り〜言葉編②〜

冬の寒さが厳しくなってきましたね、恒例のコーナーきました。

最近の女子大生の流行り〜言葉編〜第2弾です!!!

今回ご紹介するのは、2つです!

 

まず最初はLINEなどで使いやすい言葉、『り』

 

早速例文を見てみましょう。

 

友達『明日、17時に渋谷で〜』

私『り』

 

こんな感じです。

文脈から伝わったと思います、『り』は『了解』の略称なんです!

了解ぐらい文字打てや、と思った方いると思いますが『了解』を『り』にするだけで、時短になりますね。

最近の子は、時間を大切にしているということです。(適当)

 

 

では次の言葉にいってみましょう。

 

2つ目にご紹介するのは、『〜〜み』です。

これはたくさんの言葉の語尾を『〜〜み』に変えて使う形になります。

それでは早速例文を見てみましょう。

 

①『〜〜み』基礎編

 

『えっ、それはヤバみ〜〜〜』

『その服、良さみ〜〜〜〜』

 

これは簡単に使えます。

 

②『〜〜み』応用編

 

『それは良さみが深い』

 

ここくらいから聞き慣れてないと、一度聞いた感じじゃわからないですよね。

ですが言葉を分解してみれば簡単です。

『良さみ』が『深い』は簡単に言うと、それは良いという意味になります。

『良さみ』=良い は分かりやすいですが、深いのは違和感がありますよね。しかし、心の奥底まで響くくらい良いものに出会った時、心の底まで届くと思うと『深い』という言葉がしっくりくると思います。

 

と、ここまでそれっぽく説明してきましたが実際はただのノリです。(笑)

みなさん、『り』と『〜〜み』ぜひ使ってみてくださいね!

 

麻生

最近の女子大生の流行り~言葉編~

 

どうも、skettchの麻生です。

『それは草。』

この意味、わかりますか?

女子大生に限らず若者の間で使われているこの言葉、

実は、木や自然な感じの【草】ではなく

(笑)

という意味なんです!!

つまり、上の文でいくと『それは草。』=『それは笑った』みたいな感じで、面白いときなどに感極まって【草】となる感じですね。

 

では、なぜ草が文法に生え始めたのでしょう。

それは、大まかな流れとしてこう考えられます。

 

(笑)  (これはよく見る控えめな笑ですね)

ワロタ 又は 笑笑 (ちょっと略した感じですね)

w (笑を打つときの最初のローマ字wからきました)

wwwwwwwwwwwwww (すごく面白いときに上のwが増えます)

草 (上のwwwをよく見ると草原の様に見えませんか?)

 

これで【草】が言われるようになったのです。

 

応用編といくと、

『大草原』

とかになってきます。

これは想像の通り、すごく面白いとき、爆笑の時にwがたくさん増えるため大草原という形になります。

 

これらのスラングは主に直接会話するときではなく、SNS上でよく使われることが多いです。是非、『草。』とメッセージを送ってみてくださいね!

 

 

 

 

 

平成最後!最近の女子大生の流行り。

どうも、skettchの麻生です。

【平成最後】と騒がれているここ最近、今の女子大生って普段どんなことで盛り上がっているのか、今回はアプリを中心に簡単に紹介していこうと思います。

(とは言いつつも当の本人、自転車で200キロを1日で走るようなゴリラなので果たして今の女子大生で括っていいのやら、、、笑)

 

【平成最後の女子大生!流行アプリ3選!】

①Tik Tok

②SNOW

③メルカリ

 

一つ目の流行アプリ【Tik Tok】

Tik Tokとは15秒のリップシンク(口パク)動画SNSです。

曲に合わせて口パクでダンスをしたり、思い出動画を作ったり、面白ネタを動画にしたり、中にはメイク動画を上げてすっぴんとの違いを見せたりします。

この動画は15秒以内とかなり短いものの平均視聴時間は40分と、一度アプリを開くとずーっと見てしまいます。

この動画SNS何がすごいかって、美男美女がたくさんいることです。笑

また、最近では芸能人やお笑芸人も投稿しているので見ていて飽きません。

そのネタを学校でやって盛り上がるというのが定番です。

 

二つ目の流行アプリ【SNOW】

これは究極に盛れるカメラアプリです。

このアプリは顔を認証すると目が大きくなったり、小顔になったり、肌がきれいになるのでよく使われています。ちなみに、盛れる=可愛くなる ということです。なのでよく女子大生や女子高生は写真を撮りながら『盛れる~』と騒いでます。

こうして女子はメイクや写真でどんどん可愛い詐欺をしていくということです。笑

 

三つ目の流行アプリ【メルカリ】

これは学生に限らないとは思いますが周りの大学生はほとんど使っています。

大学生、とにかく遊ぶためお金が無いんですよね。笑

中古への抵抗感もなく、安く手軽にものが手に入るのがメルカリです。

また、売る側としても簡単にできるのですぐ物を売ります。

中には元彼からのプレゼントを売る強者もいるんですよね、、、。笑

 

と以上のアプリが多くの女子大生に使われています。

どうでしたか?ちょっと覗いて見るか!という気持ちでインストールしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

skettch始動。

ついに始動です!

プリアップのインターンプロジェクト

個性豊かな大学生6人が集まり、新規事業を進めていきます。

ところで、Tの綴りが多いのじゃないのか?と思いますよね。

実はこれには深い意味があります。

【skettch】

【Sprouts keep trying to challenge.】

直訳では、若者は挑戦しようと努力し続けるという意味です。

「自分達のやりたいことを実現しよう、その挑戦のために努力し続けよう」

と決め、このチーム名になりました。

チームskettchが掲げる目標は

・インターン生が自らの手で新商品の開発から販売までを提案し、

プリアップスタッフと共同で実行する

・本プロジェクト自体をプリアップ社内にシステムとして定着させる

この2つです。

そして私たちがテーマとしているのが【加薬】です。

これからこのテーマから何が生まれるか、、、楽しみにしていてください!

チームskettchメンバー紹介です。

長谷川瑞月 関東学院大学理工学部3年 (写真左下)

『新しいもの、人、場所、全部に興味あります?最近は新横浜のランチ開拓にはまってます。インターンシップ、全力で楽しみます!』

茅野 真衣 慶應義塾大学商学部2年 (写真中央下)

『旅行が趣味です。また、美味しいものが好きで日々フードファイトしてます?やるからにはチーム全体としても、自分自身も成長して社会に貢献できるよう頑張ります!』

中本菜々子 中央大学文学部 3年 (写真右下)

『旅行とものづくりが好きで人が集まれる場所になるパン屋さんを目指しています。どうなるかわかりませんが最後まで諦めずにやり抜きます!』

内藤寛人 東京大学経済学部2年 (写真右上)

『野球観戦が好きなテニサーです? 一生懸命がんばるぞー。』

田口暢亮 東京外国語大学国際社会学部国際関係コース3年 (写真左上)

『スポーツやカラオケ好きです。あと好奇心旺盛です、旺盛すぎて世界一周しました。プリアップに恩返しできるようにベストを尽くして頑張ります。よろしくお願いします。』

麻生萌泉 専修大学経済学部2年(写真中央上)

『ロードバイクが大好きで旅やレースに出たりしています!ビジコンなど出ていたのでその経験を生かして、いいものを世の中に発信していこうと思います!』

なかなか個性の強い6人が揃いました。(笑)

これからskettchをよろしくお願いします!