一人暮らしの野菜不足を解消する新商品「息子への野菜」を6月5日に発売します!

こんにちは。今日は大切なお知らせをします、skettchの長谷川です。

私たちskettchは、一人暮らしの野菜不足を解消する新商品「息子への野菜」を6月5日に発売します!

実は、6(むす)月5(こ)日なんです、、!これを見つけた中本、さすが!!

 

ここからは真面目にお読みください↓

「息子への野菜」は、skettchのメンバーが大学生ならではの視点で企画・開発した商品です。

「息子への野菜」は、ただの乾燥野菜ではありません。口にするのはカップラーメンばかりという一人暮らしの大学生の息子の食生活を心配する母からの、野菜不足解消のための仕送りギフトです。

乾燥野菜をカップラーメンやみそ汁に加えるだけだから面倒くさがり屋の息子でも大丈夫、原材料は国産に限定されるので安全面でも安心、という優れものなんです。

この「息子への野菜」はお湯で戻すと約5倍に膨れます。右のスプーンがお湯で戻す前、左のスプーンがお湯で戻した「息子への野菜」です。たとえ今日の夕食がカップラーメンでも、スプーン一杯で満足できる量の野菜を取ることができます。

そして、パッケージには「ちゃんと掃除しなさいよ」「恋人はできたのかしら」「将来の事、考えている?」などのありがたいような、ありがたくないようなオカンの小言がついています。

でも要はオカンが気になっているのは「恋」の話。野菜問題は「息子への野菜」があれば解決しますし、大学の単位については頑張れとしか言いようがありません。「恋の話」が2回も登場するんですから、普段口うるさくてもオカンはめちゃめちゃ可愛いんです。笑

 

今、さっき「ここからは真面目にお読みください」って書いたのにもうふざけてるじゃん、と思った方、100万人に1人くらいはいるはずです。

とんでもない、私たち大真面目ですからもう少しお付き合いください。

ここで「おかん」のご紹介を。一人暮らしの大学生の娘と息子を持つオカンは今年52歳。息子は上京してから2ヵ月が経ち、最初は頑張っていた自炊が最近は外食しがちな現状にオカンは心配しています。「息子への野菜」の最大のポイントは、おかんの言葉はどれもskettchがそれぞれお母さんから言われているリアルな言葉だということです。

オカンは架空であるようで架空の話ではありません。というのも、52歳は私たちの母親の年齢の平均値(お母さん勝手に公表してごめんね)。おっかないのも可愛げがあるのもメンバーそれぞれのお母さんに共通しているんです。

内容量はみそ汁20杯分なので、月に一度の母からの仕送り便のような親子のコミュニケーションツールとしてお使いいただけます。

<商品概要>

商品名:息子への野菜
発売日:2019年6月5日
公式オンラインショップ:Amazon
価格:1000円+税
内容量:80g(お味噌汁20杯分程度)
原産地:日本

<お問い合わせ先>

株式会社PREAPP.
インターンskettch
長谷川瑞月
電話:045-620-3870
mail : preapp.skettch@gmail.com

 

SNSも発信しているのでぜひフォローお願いします!

instagram→https://www.instagram.com/skettchdayo1003/
twitter→https://twitter.com/Skettch4
pinterest→https://www.pinterest.jp/preapp/pins/