プリアップの採用面接はこんな感じ

プリアップの採用面接はこんな感じ

こんにちは。しかです。

最近入社したスタッフの方々にインタビューする機会があって、その過程でプリアップの採用面接について

なかなかイイことが聞けたので、ここで少しばかり紹介させてもらうことにしました。

(みなさん、プリアップの面接ってどんなかんじでしたか

敬愛親和

「面接担当者が最初からニコニコしていて話しやすかった」

「こちらの話を最後まで聞いてくれた」

「オフィスも服装もカジュアルで緊張しなかった」

なるほど。面接担当者がニコニコしているはいいですね。

応募者はただでさえ緊張していますから、笑顔で迎えられるとうれしいなぁ。

実際、ワタクシも面接はする側でもされる側でも多々経験があります。

盛り上がって「途中からニコニコ」はそれなりにありますが、

「最初からニコニコ」は結構レアケースです。

即断即決

これは、プリアップの面接の特徴です、とにかくスピーディ。

「一次面接の後に二次面接の予定でしたが、一次面接の後半にいきなり社長が加わって、

その場で採用と言われ、私もその場で入社を決めました」

なんせ成長企業ですから、適した人材なら採用枠にとらわれずその場でOKが出せるんですよ。

「確かにいい人だけど、この後も面接あるからなぁ」ってことがない。適任者、即採用です!

応募者にとっても、すぐに結果が出るのはとてもありがたいですよね。

臨機応変

「職場の雰囲気について聞いたら、一緒に働くことになるスタッフを4人もその場に連れてきて

紹介してくれたので、一気に不安がなくなりました

応募者の様子を見て、柔軟な対応ができるのもプリアップ面接の強みです。

事前歓迎

面接とは少し違いますが、こちらのエピソードも。

「内定をもらってから勤務開始までの間に忘年会があって、そちらに呼んでもらいました。

スタッフや会社の雰囲気がわかって、不安なく入社できました」

新卒の場合は内定者懇親会とかありますけれども、中途採用ではあまり他でやっていないですよね。

入社前に忘年会参加って、確かに勤務初日のハードルが下がります。


さて、最後に面接担当者を代表して童顔事業部長K村さんに面接について聞きました。

(非常に応募者の気持ちに沿った面接をしているな、というのが私の印象です)

「当然です、我々は大手じゃないですから。応募者の方にプリアップを選んでもらえるよう必死です」

(なるほど、会社も応募者から選ばれる立場にあるということですね)

(では、応募者の方には何を求めますか?)

「まずは、プリアップのコアバリューに共感できるか、です」

(ふむふむ、ホームページに出ているあれですな)

(その他に面接では、どんなところに注意していますか?)

「仕事をする能力やスキルはもちろん、仕事に対する情熱や粘り強さも注視します。

こちらの質問に対してどのような回答をするか、言っていることと行動に一貫性があるか、

かなり真剣に検討します」

(口下手の人には不利なんじゃ…)

口下手とコミュニケーション能力は別です。質問されたことの趣旨を正確にとらえているか、

じっくりと聞きます」

(確かに。「話を最後まで聞いてくれた」ってコメントがありました。じっくり相手のいうことを

聞いていたんですね)

「それから、成功体験を持っていること」

(成功体験…部活で優勝したとか、プロジェクトで大もうけしたとか?)

「規模の問題じゃなく、○○をしたからうまくいったと論理的に人に説明できるか、です。

それに、成功体験が持てている人は自己肯定感が強く、チャレンジ精神も豊富です」

「色々言いましたが、最終的にはお互いが気持ちよく働けるかどうか、です。

スタッフ全員が気持ちよく働ける環境を作ろうと日々奮闘中です(キリッ)!」

(あ、童顔が引き締まった…)

 

以上、プリアップの採用面接についての紹介でした。

前述したように面接はする側もされる側も経験豊富な私ですが、ひいき目でなく非常に丁寧な面接が

行われていると感じました。

ちなみに、今回インタビューした6人の3人の方が入社半年程度で監督職に昇格しています。

このことから2つの事実がわかります。

「面接採用において戦力にとなる人材を雇用できている」

「プリアップでは社歴ではなく能力によって評価される」

後者の事実も、プリアップの特徴の一つです。

 

2+